綺麗にお菓子を仕上げたら素敵に撮って、誰かに見せたくなりますよね。魅せ方をちょっぴり変えるだけで手作りのお菓子がまるでお店で売っているようなお菓子に大変身します。

お菓子の撮影にあると便利なお花の選び方

最近はSNSが主流な時代となりInstagramやPinterestなどでお菓子やテーブルコーディネートの写真を検索すると沢山の素敵なお写真が出てきますよね。

様々なお写真を見ているとお菓子のお写真にはよく「葉っぱなどのグリーン」や「お花」が使われていることに気づきます。

お菓子の撮影に使っているお花は本物?

勿論本物のお花を使うのがよりリアルで写真映えも良いのですが、お菓子の撮影の度に毎回生花を準備するのも大変ですよね。(お花屋さんが近くに無い!という方もいらっしゃると思います。うちの近くにも無いです笑)

そんな時に便利なのが「造花」です。

造花といっても質のいいものは本物と間違えてしまうくらいの見た目です。私がよく使うのは「アーティフィシャルフラワー」と呼ばれている造られたお花です。

アーティフィシャルフラワーのクオリティは年々上がっており、生花では出せない高い芸術性と耐久性で、世界的にも高い評価を受けています。

ちなみに余談ですが…私は自分の結婚式でもアーティフィシャルフラワーを使いブーケをDiyしました。持ち運びも気を使わず、結婚式後もそのまま飾れて、ハワイでの結婚式だったのですがビーチフォトの時なども使えて凄く良かったです。

余談②花かんむりも自分で作りました。笑

造花(アーティフィシャルフラワー)はどこで買う?

で、アーティフィシャルフラワーはどこで買ったらいいのか?

お待たせしましたここからが本題です。笑

造花を使っているけど、なんか偽物っぽい…スタイリングが難しくてお花を置くと不自然な写真になってしまう。

そんな風にお悩みの方も多いと思います。

まず買う場所について、本当は秘密にしておきたい私のおすすめの愛用店をご紹介します。

ネットでポチれてすぐ届く!!種類も豊富!

「はなどんや」

https://www.hanadonya.com/guide/first_visit.html

私は花材は大体、こちらでお世話になっています。東京・四谷にある「東京堂」というお花関係の先生方が御用達のお店もおススメなのですが、会員でないとお高め&お花関係のお仕事ではない場合、会員になりづらいというデメリットがあるため、一般の方やお菓子関係のお仕事の方は断然「はなどんや」がおススメです。

お菓子の撮影に使う造花(アーティフィシャルフラワー)の選び方

お菓子の撮影に使うお花。何を買えばいいんでしょうね?笑とりあえず迷ったらこちらの定番の3点を揃えておくと便利です。

  1. 何にでも合わせやすい!アジサイ(ハイドレンジア)
  2. スタイリングがしやすい!グリーン
  3. クラシカルな雰囲気がでるローズ

画像ははなどんやさんからお借りしています。はなどんやさんのHPにて品番や品名などで検索することもできますのでご参考まで。

アジサイは本当に使いやすいです!主張しすぎずお菓子を引き立ててくれ、それでいてオールマイティーに合わせやすい。万能なプレーヤーです笑

色はホワイト系やグリーン系が使いやすいかな。と思います。

グリーンもアジサイ同様、何にでも合わせやすくナチュラルな雰囲気が出ていいのですが、物によっては「ナイロン感」が出てしまってThe偽物!!なグリーンもあります。100均一のグリーンはまずNGです。せっかく素敵な写真にするために入れたはずが「逆効果」になってしまい残念なお写真になることもあるので注意です。

ローズはウェディングモチーフなどのいつもよりクラシカルなイメージで撮影したいときに使うとワンランク上の写真に仕上がります。ローズもホワイト系が一番使い勝手が良く便利ですが可愛らしい雰囲気を出したい時などはピンク系のお花もおススメです。

おススメの造花ブランド

おススメのお店は「はなどんや」

https://www.hanadonya.com/guide/first_visit.html

ですよ、とお伝えしましたが実ははなどんやの中でもさらにこのブランドがおススメだよ!という「推しブランド」があります。笑

MAGIQ(東京堂)とasukaアスカです。

MAGIQ(東京堂)は後ろに東京堂が付いている通り、東京堂オリジナルの花材ブランド。質は本当にいいです。(でもお値段もまぁまぁします。)

asukaは個人的にはコスパが良くて使いやすいなと思います!

お花が入った写真とお花無しの写真


せっかくなので私が最近はなどんやさんで購入した秋の新作達をご紹介したいと思います。

最近買った、ちびかぼちゃーズとasukaのアーティフィシャルフラワーです。

大きなかぼちゃは持っていたのですがアイシングクッキーなどにも合うよう、ちびかぼちゃーズをお迎えしました。気になる方もいるかもしれないので一応品番も記載しておきます。

商品番号] 051-22930
[商品名] 【造花】アスカ/ウィートグラスバンチ #011B クリームブラウン/A-47857-11B
[小計] ¥620
————————————————————
[商品番号] 002-34487
[商品名] 東京堂/シックパンプキンアソート 16個/HW001801
[小計] ¥1,210

そして早速この子達を使って写真を撮ってみました。(新しい撮影小物が届くとすぐ使ってみたくなります笑)

秋らしい、季節感を感じる写真に仕上がりました。小物無しだとこんな感じ↓

これはこれでシンプルで可愛いかもしれませんが「ハロウィンレッスン」としてお菓子教室の募集をする時や「ハロウィン新作スイーツ」としてケーキ屋さんやカフェのポップを作る際は断然最初の方がお客様の目を惹くと思います。

お菓子の撮影に欠かせないお花の選び方《まとめ》

  • お花は生花ではなくアーティフィシャルフラワーを使おう
  • アーティフィシャルフラワーは100均一では買いません
  • 質の良い花材を選ぼう
  • 季節を感じさせるスタイリングを

美味しくて綺麗なお菓子を作ることは大前提ですが、綺麗に作ったお菓子を綺麗に撮影してあげることでお菓子たちもきっと喜ぶはずです。自分の作ったお菓たちの「1番素敵に見える角度」は作ったあなただからこそわかると思います。

マジパンプロ向け講座ではお菓子作りの現場で活かせるデコレーションの技術とともにカメラスキルも学べるプチフォトレッスンを講座の最後に勉強しています。

レッスンについてはこちらをご覧下さいませ。